唇が痺れて早8年 辛いねん

今日は、朝の連ドラ「スカーレット」の再放送を見た←マーガレットだと勘違いしてた。 まだ、2回しか見ていなかったのに、川島夕空ちゃんの出番が終わってしまった、残念。 ゆあちゃんは「みいつけた!」で最近まで3代目スイちゃん役をやっていた。 可愛らい上にコッシーやサボさんと溶け込んだ自然な演技が好きだったのに、 しばらく会えないのかな?寂しいな~。 台風19号が3連休に列島を直撃すると、繰り返し報じているせいか、 スーパーに行ったら、パンコーナーの棚は空っぽでPBのカップ麺も全て売り切れていた。水も冷食も無い。 買い溜めする人の列が長くて、レジの待ち時間も長かった。 あっ、東日本大震災の後も毎日こんな風だったなぁ、と思い出した。 あの時は、東北の工場が被災したのと被災地優先の物流で首都圏で物不足になった。 スーパーは仕入れの関係で開店時間が毎日変更になって、 開店前には長い行列が出来ていた。 薬局には孫のオムツを捜すジジババがさすらっていた。 繰り返される津波の映像やそういった生活の変化への対応がストレスになったのか、 翌4月5日に私は「口の周囲」が痺れている事に気付いた。 「あれ、何かおかしいな。ご飯が上手く食べられない」その時はちょっと慌てただけだ。 で、翌日、ガーンとなったんだけどね。 8年前の私はどうやってメイクをしていたのか?鏡を見なかったのか暗かったのか? どち…

続きを読む

国立新美術館を通り抜け

六本木に行くのに以前は六本木駅を利用していたが、昨日は乃木坂から行ってみた。 (だから、帰りに迷ったんだわさ) 乃木坂駅から国立新美術館に直通の出口がある。駅構内のポスターも美術関係。↓。 中に入るとこ~んな感じ。↓。 ロビーは1階から3階まで吹き抜けになっていて、展示室は左手奥に1~3階まである。地下には食堂(官製的雰囲気なので秘密営業か?)もあるよ。 ついでに正面からも撮影したので。↓。 新美術館の名に相応しく、空調や照明がとても良く出来ていて快適に鑑賞できる。 先日、隣の奥さんと雑談していたら、「墨絵の展示会をやったわ。額装にお金が掛かったけど」と言う。 かな~りビックリしたよ~。 言われてみれば同人ぽい人達が荷物を搬入しているのを見掛ける、それだったのか! 意外と身近な美術館だったのね、黒川紀章さん。 ポスターも貰って来た。↓。 こんなに忙しい秋も珍しい、お財布も忙しいぞ。 義母は「食費を削るな」と良く言っていたが、 そこしか無いのよね~。

続きを読む

マイ ドトールコーヒー

ドトールコーヒーは毎日でも行きたい。好きなんだよ~、それほどまでに。 たまにはタリーズにも行くけど。あ、モリバも行く。 シャトル系の深煎りエスプレッソが苦手なので、ドトールが手近でどこにでもあるのが嬉しい。 昨日は昼食を摂らずにクリニックに行ったが、夕方になってもお腹が空かなかったので、 これ幸いと、「お腹の脂肪を燃焼させようと企んで、クリームパン1個にした」206kalだったし。↓。 いきなり、「ドトールオリジナルティーバッグ」のロゴが目立っている(ハロウィンカラーだよ)。 えええっ、ついに来たか!紅茶にも陽の当たる日が。タピオカパワーに感謝&感謝だ。 そっと香りを楽しむと、「ダージリンティーとセイロンティーが融合したこの上なく気高い」香りがした。 もう、その時点でヨダレがだくだく出て来て口の中が溢れている。 早く紅茶が飲みたい、心は逸るのに熱くて飲めない。 タイミングが難しくちょっと冷めた紅茶を飲んでしまった。なので今日も行こう。 そう言えば、メニュー表を見なければ気付かなかったがドトールも8%と10%の値段表記だ。 1つでも、持ち帰りをするとこ~んな袋に入れてくれる。↓。 お腹が痛くて寝込んでいた時に夫にエクレアを頼んだ時の袋だ。 これ、メッチャ無駄だわ。 おまけに持ち帰りで買ってから、店内で食べると「正義マン」に注意されるらしい。 うるさいな~、「すぐに気が変わる体質なん…

続きを読む

夜の異音の正体は?

我が家の周囲は世間を騒がせている「私道」に1部面している。 私自身もここに住んで私道の買い取りが発生するまで、「私道」というモノが良く分かっていなかった。 我が家は公道に面しているので私道の買い取りは必要なかったが、自治体から買い取りを打診された時に共同所有する為に資金を負担をしたので名義が入っている。 という事は、「私道」には所有権があり同時に所有者が維持管理している訳だ。 散歩ついでに、ちょっと回り道をして細い(私)道を通ってみようなんて事は結構日常的にしている。人は意識せずに法令違反をやっているんだね、アチャチャ~だ。 トラブルにならなければ問題はナッシング。 斜め方向のカノウさん一家はうるさいけれど、お互い様なので我慢している←私道は通行する場所なので遊び場利用は迷惑・危険行為。 昨夜、夜遅くに「ギギギギギィー」と嫌な音がした。 もう、私はてっきり夫が包丁をセラミックで研いでいるのか、フライパンを麺切り包丁でこそげ剃ってるんだと思ったよ~、条件反射で。 大体が自閉症児の親は何があろうと驚かない精神構造になっている。 だが、異音は続いている。ビィービィービィーと妙な悲鳴の様な音に変化した。 あれっ、シャ~と威嚇するネコの声が混じっていないか? 「オットー、何か変な音がするけど?」 「ああ、あれはネコが鳥を捕まえたんだよ」 「えっ、助けに行ってよ」 「もう遅いよ」 …

続きを読む

教諭いじめ&自閉症児の悲痛③

今日は寝ぼけたままでクリニックのある六本木まで行ったが、 帰りは気が緩んで乗り換え駅を通過してしまい、路線図を見ながら戻って乗り換えた、ふぅ~危なかった。 そうそう、元の話①に戻るが、 教諭いじめは今回発覚した神戸市立東須磨小学校だけの話ではなくて、 日本全国の公立小中学校で形はどうあれ行われているに違いない。 それらは「学校ぐるみ」「保護者ぐるみ」なんだから、ここだけを叩いて解決という訳にはいかない。 ②の続き シュウシュウの体罰問題を通してつくづく感じた事がある。 それは、「自分の子どもが明らかに体罰を受けているのに、『学校との関係を悪くしたくないから、何も言わない』という親が何人もいた」事だ。 そんな親の下らない「見栄」のせいで、子どもは毎日いつ暴力を振るわれるかも知れない生活を強いられている。 喋れない子どもが集中的に狙われるのは学校・入所施設などの閉鎖的な空間ではよくある事だ。 自閉症児の中には、身体がガチガチに固まっていたり言葉が喋れても一本調子だったりする子が多い。 最近、自分の体調を整える為に(自律神経の迷走を防ぐ為に)ヨガに通い出したら、自閉症児の事が気に掛かって仕方がない。 自分の身体のどこにどうチカラを入れるか、どうチカラを抜くかが難しい←動きがギクシャクする。 息を吸ったり吐いたりが上手く出来ない←喋る時に息を吸い込んだりする。 障がいを…

続きを読む