那須の惨劇・クライマックス


走馬灯は写した。世間から虐められアザ笑われている自閉症児たちの姿を。


電車に乗れば10秒で嫌な思いをする親たち。

まるで汚い物を見るような目で自閉症児を見るおばさんの目。

子どもが寄り掛かったとか動き出した車内で足を踏んだからと、

「あやまれ」と強要するので親があやまったら「本人に謝らせろ」

と更に言うから「障害の為に喋れません」と泣く泣く言えば、

「そんな子供は電車に乗せるな」「養護学校(支援学校)のバスがあるだろう」

と言うおじさん。


至る所で面と向かって、又は影でヒソヒソといじわるを言われて

普通のことをしているだけなのに邪魔扱いされる自閉症児・者。



ーーどんなに頑張っても出来ない事があるんだよ。

障害と言うのはそれほど過酷で辛いことだ。

何の責任もないのに、そういう人生を強いられているんだーー



走馬灯を見た私はそいつに応戦した。

「さっき、マスクも手袋もしていない人がいたけど。ホテルのスタッフが注意したけど、

その人はスルーしてたわ。全員に注意してからウチの息子に注意したら」

「周囲の人が迷惑がっていたって、その人達はどこの誰よ。全員連れて来て」


そやつは「みんながマスクや手袋をしてるんだから、みんなと同じにやらせろ」と言い、

私が「あんたに子供はいるの?」←いくら親でも24時間365日見張ってられるか?


と議論はあらぬ方向へと広がって行き、そいつが、

「バカヤロウ」と喚くから「何だと『バカヤロウ』と言ったな←私」

「ああ、言ったよ。バカヤロウ!」



そこでやっとノキが「おまえ、障碍者を差別するのか」と言うと、

そいつは「差別するよ。障碍者は旅行なんかするな」と言う。


全く、食事会場で迷惑だな~。周囲の人達は何を思って飯を食ってたんだろうか?


狭い会場で口角泡を飛ばして喋っている方がよっぽど

飛沫が飛ぶとか思わないのだろうか?喋るか食べるかどっちか1つにしろよ、と直前にノキと話していたけど。



まぁ、そこまで来てやっとホテルの人が来たわけだが。暫くそのおっさんを宥めすかしていた様だ。


そこで私も「ちょっと言い過ぎました」と言うと、

オッサンはいきなり柔和な顔になり、

「いや、私こそすみません。実は私は障碍者施設の職員をしているんですよ」と言う。


そんなこったろうと思ったよ。

田舎の施設じゃ追い出されたら行く所がないもんね。

周囲が先生、先生とよいしょするから自分が偉いと勘違いした。

だから、親切心から指導してやろうと思ったんだろう。


ウチのお姑さんがそういう人だったから良くわかる。


前から思っていたが、手洗いと「マスク」と言うが、

「マスク」っていつからそんなに威力を持ってきたんだ?



夏物マスクなんてスカスカだし(ウイルス通過)、都会じゃ「形だけマスク」の人ばかり。


先日「マスク警察」に押し倒されて、催涙スプレーを噴射して

逃げた人がいたけど、「マスク」が見え易いから標的にされるだけだろう。


COVIDー19、&その他省庁や旅館・ホテル業界

私がかつての様に気の弱い母親で首吊りや飛び降りをしたらどうしてくれるんだ?

ついでに保険証を失くす所だった。きちんとした体制を整えないで、

ごたごた混雑したチェックイン時に全員の身分証を提出させてるし。



IMG_20201101_161346.jpg

本日のウチの方の実態はこんなもの。


IMG_20201029_105417.jpg

あやうく藻屑となる所だった渓谷の写真。クソだな。