私の認識相違

昨日は小雨☔の中、久し振りの渋谷訪問だった。 去年、何度か行った地下街を思い出しながら辿る。 (渋谷の地下は迷宮。ベビーカー通行不可状態。 井の頭線から東横線乗り換えは諦めるが定着) 109の出口から地上へ出て、センター街を通り抜けて、 スペイン坂を上ると、ほら見えた❕ 目的地のパルコですよ~ん。 エレベーターで上階へ行く。初めて行くのでちょっと緊張する(*_*) 無事に到着したよヾ(*´∀`*)ノ 1日はサービスデーで1200円だって。でも、 ガラガラだった❕ そりゃあ、そうだよ。映画はやっぱりエンタメだもんね~(p_-)ワクワク 私が見に行ったのだって、三島由紀夫や全共闘に興味があった訳ではなく、 勝手に恩師だと思っている、橋爪大三郎教授が出演するからだってぇー(*´σー`)エヘヘ 意外なことに、「この映画を見て、三島や全共闘が何を求めていたのか」 を垣間見る事ができた(気がした)のだ。 当時43才で既に作家としてビッグネームだった三島が、 1000人の20才の学生を相手に1人も論破しよとせずに 丁寧な応答を繰り広げる。後に「愉快」であったと語る。 その後、「イデオロギーよりも当面の秩序が維持されればいい」 徐々に変わる世論と機動隊に敗退する全共闘。運動は終わっていく。 運動に加盟した人は、正解はないが何があったかを記憶する。 橋爪教授…

続きを読む

エコ解放

最初にコロナ感染症(COVID-19)のニュースが流れた時は、 未知の感染症の脅威に打ち震えたぁ~(´;ω;`)コワッ 武漢の病院に溢れる診療待ちの人々と、 防護服姿で診療にあたる医療従事者達の映像が、 これまで見たことも無い光景だったし❕ 加えて、10日間で1000床の専門病院設立は、 深刻過ぎて現実味がなくて滑稽な気さえした、クゥ~ゥ-。 その後はイタリアの惨状に地形が日本に似ているから、 明日は我が身かといよいよ不安になる。。。:;(∩´﹏`∩);: 家族がひもじい思いをしては、「名が廃る」←❔と パスタ・餅2キロ(特売だったから)・冷食などの備蓄に走る。 やや寂れた商店に行ったら、 ゴーグル(デッカい)にマスク、レインコートの主婦が いたので、「見倣わなければ」と意を強くした(●∀●)ウン でも、日本は感染率・死亡率が低かったんだよぉ~❕❕❕❕ つーことで、気が緩んでいる、ダメだよ、ホントに。 物置ぽいが居間の風景。 ざっと読んだ本の映画🎦が今日からやっている(ノ・ω・)ノ お出掛け。。。。。。。

続きを読む

映画・「閉鎖病棟」を見たよ

さっき気付いたんだけど、ブログのカテゴリーに「映画」があるねん。 うちは映画はよう見んのに、何でや? 偶然少し前に、帚木蓬生さん原作の「閉鎖病棟」を見たねぃな。 原作を読んだのは大分前だったけど、「こんな作品だったっけ?」が正直な感想ね。 画像お借りしました。↓。 印象に残っているのは、重いテーマの割には終わり方が良かったんだけど、むぅ。 なので、「安楽病棟」「悲素 上・下」と続けて読んだ。読者家推薦の「ヒトラーの防具」は挫折したけど。 映画の上映時間ギリギリだったので、同じビルに入っているマック(カフェ)で昼食を買う事にしたんや。 マックに行くのは久しぶり、「ハンバーガーとコーヒーを持ち帰り」でやや待った。 病院の掲示板みたいなのに番号が出たので、受け取りに行くと 「210円になります」「210円って、何ね~。安い、安すぎるわ!」 ドッキリかと思ったよ、マック。 本篇の前の番宣みたいなのが流れる中で食べた。 マック、バーガーもコーヒーも美味かったねぃ。安い~。 …

続きを読む